メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10連続防衛へ 山中、強烈な左健在 

WBCダブルタイトルマッチ

 世界ボクシング評議会(WBC)のダブルタイトルマッチが4日、島津アリーナ京都で行われる。バンタム級王者の山中慎介(33)=帝拳=は国内男子歴代3位タイとなる10連続防衛を懸け、同級3位のリボリオ・ソリス(33)=ベネズエラ=と対戦。ライトフライ級王者の木村悠(32)=帝拳=は同級5位のガニガン・ロペス(34)=メキシコ=と初防衛戦を行う。

     サウスポーの山中は前回防衛戦こそ苦戦したものの、武器の強烈な左ストレートや体の切れは健在で、年齢的な衰えは感じられない。世界ボクシング協会(WBA)スーパーフライ級前王者のソリスは河野公平や亀田大毅に判定勝ち(亀田戦は体重超過)の実績を持ち、試合運びのうまい右ボクサーファイターだが、パンチ力やスピードでは王者が上。山中は右ジャブで相手を止め、ペースを奪いたい。不用意に相手パンチを食わなければ、KO防衛を飾りそうだ。

     木村は昨年11月の世界戦では打撃戦で競り勝ったが、本来は出入りしながら右ストレートなどを当てていくタイプ。サウスポーのロペスはパワーで木村を上回るものの目立った武器はなく、技術に勝る王者がやや優位だ。

     戦績は山中が24勝(17KO)2分け、ソリスが23勝(10KO)3敗1分け、木村が18勝(3KO)2敗1分け、ロペスが26勝(17KO)6敗。【来住哲司】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. もう二度と 相模原殺傷事件1年 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否 「会って抱っこしたい」
    2. 相模原事件 甘えん坊の娘、現実結びつかない 被害者の父
    3. 相模原事件 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否
    4. 相模原事件 「やまゆり園」止まったままの日常 内部公開
    5. もう二度と 相模原殺傷事件1年 「地域と一緒」願う やまゆり園入所者、家族

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]