メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「身じまい」のおと

昔の葬儀にはもう戻らない?=社会部編集委員・滝野隆浩 /東京

 日本葬送文化学会の2月例会が東京都内であって、冠婚葬祭業「メモリアグループ」(岐阜県大垣市)の松岡泰正代表が講演した。2000年に創業したまだ若い会社。「ありがとうのお葬儀」をキャッチフレーズに業績を伸ばしているらしいが、この「業界」の実態に関する話は興味深かった。

 いま全国で業者が執り行う葬儀は(1)一般葬(2)家族葬(3)直葬(4)ゼロ葬−−の4種類。16年前、同じ岐阜県内の人口2万4000人の小さな町で会社を始めたときは、葬斎場での(1)が当たり前だった。ところが、1990年代後半から出始めた、こぢんまりとした(2)家族葬が、急速に増えているという。

 ごくわずかな遺族だけが集まる(3)直葬のことを、松岡代表が初めて聞いたのは4年ほど前。「火葬事情が…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  3. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  4. ORICON NEWS 第160回「芥川賞」「直木賞」が決定 古市憲寿氏は逃す「がーーーーーん」
  5. 五輪コンサルの男に禁錮刑 シンガポール地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです