メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「身じまい」のおと

昔の葬儀にはもう戻らない?=社会部編集委員・滝野隆浩 /東京

 日本葬送文化学会の2月例会が東京都内であって、冠婚葬祭業「メモリアグループ」(岐阜県大垣市)の松岡泰正代表が講演した。2000年に創業したまだ若い会社。「ありがとうのお葬儀」をキャッチフレーズに業績を伸ばしているらしいが、この「業界」の実態に関する話は興味深かった。

 いま全国で業者が執り行う葬儀は(1)一般葬(2)家族葬(3)直葬(4)ゼロ葬−−の4種類。16年前、同じ岐阜県内の人口2万4000人の小さな町で会社を始めたときは、葬斎場での(1)が当たり前だった。ところが、1990年代後半から出始めた、こぢんまりとした(2)家族葬が、急速に増えているという。

 ごくわずかな遺族だけが集まる(3)直葬のことを、松岡代表が初めて聞いたのは4年ほど前。「火葬事情が…

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1156文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
  2. デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上
  3. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  4. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  5. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]