メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太陽光発電

ため池水面に建設 阿波で起工式 四電に売電、2200万円売り上げ見込み /徳島

伊沢池のほとりであった起工式で、水上太陽光発電所工事の無事を願う関係者=徳島県阿波市阿波町東柴生で、蒲原明佳撮影

 太陽光発電を手掛ける外資系企業が阿波市阿波町東柴生の農業用ため池「伊沢池」に水上太陽光発電所を建設することになり、現地で4日、起工式があった。出力は630キロワット。6月末から発電を始め、四国電力に売電する。県によると、農業用ため池の水面を太陽光発電に利用するのは県内初。【蒲原明佳】

 高密度ポリエチレン製の浮きに取り付けた太陽光発電パネル約2400枚を組み合わせる。パネルが広がる面…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声
  3. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  4. 実りの春 石岡一センバツ初出場 第3部・支える人/中 女子マネジャー3人 /茨城
  5. 東京でもサクラ開花 昨年より4日遅く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです