メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外事大事

米中のニューノーマル=坂東賢治

右上から時計回りにケリー国務長官、蔡英文主席、朴槿恵・韓国大統領、王毅外相。写真はAP=コラージュ・日比野英志

 「米中関係は複雑で多元的だ。関係発展には足し算と引き算が必要だ」。2月下旬、訪米した中国の王毅(おうき)外相がケリー米国務長官との共同記者会見で答えた。足し算は協力を増やし、引き算は対立を減らすことだ。協力と対立の併存を前提にそれをどう管理していくかがカギという意味だろう。

 米側の認識もそう変わらない。ケリー長官も違いを建設的に管理し、相互利益につながる問題で協力することを対中政策の2本柱に挙げる。過去との違いは双方が対立を隠さなくなったことだ。ケリー長官は「見解の相違ということで納得はしない」と強調する。特に中国の海洋進出やサイバーセキュリティー問題では厳しい言葉で中国批判を続けている。

 言葉の争いだけを見ていると、対立が際立つように思えるが、協力の側面を忘れたわけではない。米中外相会…

この記事は有料記事です。

残り1504文字(全文1853文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  2. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  3. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  4. ジャカルタ・アジア大会 お粗末、抽選入れ忘れ サッカー開始前倒し
  5. 夏の高校野球 済美14年ぶり8強 高知商の強打封じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです