メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

定年で千葉・柏市幹部 議会ひな壇半数以上交代

答弁する市幹部が並ぶ千葉県の柏市議会の「ひな壇」

市議会から市政運営懸念の声も

 千葉県の柏市や市教育委員会などの部長ら幹部職員が今年度末、大量に退職する。「定年の幹部が偶然、集中した」と市人事課。次長級からの昇格を増やして乗り切る方針だが、市議会からは市政運営への影響を懸念する声が上がっている。

     市によると、今年度末に退職する職員は、過去最多の110人。昨年より15人多く、100人規模は6年ぶりだ。19人いる部長級のうち12人が退職する。また、2人いる副市長のうち、関口隆明氏が任期満了で退任、後任は置かれない見通し。市水道部トップの酒井美一水道事業管理者、市教委の河原健教育長、市監査事務局の吉井忠夫代表監査委員の3人も含め、市の四つの組織にいる6人の特別職等のうち4人が退く予定だ。この結果、市議会で答弁する市幹部が並ぶ「ひな壇」のメンバーの半数以上が代わることになる。

     市は昨年度、部長級の手前の次長級の昇進を例年より増やし、部長らの大量退職に備えたというが、秋山浩保市長は「安定的な行政運営への影響は懸念される」と認め、「多くの管理職が入れ替わることが、新たな人材発掘につながると前向きにとらえたい」としている。【橋本利昭】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 盗撮容疑 被害者は妻 仮面ライダー俳優が捕まえる 京都
    2. 伊達直人 私の名は河村正剛、43歳…「普通の人」
    3. 高松の小学校 児童のノート「悪い例」 掲示の教諭注意
    4. 隣の貧困 /1 憧れは「普通」の食卓
    5. ユーチューブ PPAP年間世界2位 日本人歌手で初

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]