メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島の復興牧場を視察

「復興牧場」の牛乳で作ったヨーグルトを試食する安倍首相(中央)=福島市で2016年3月5日午前9時44分(代表撮影)

 安倍晋三首相は5日午前、東日本大震災から5年を迎えるのを前に福島県を訪問し、福島市の「復興牧場」を視察した。午後には東京五輪・パラリンピック開催前の2020年春までにJR常磐線の全面開通を目指す方針を表明する。

     復興牧場は、原発事故で休業を余儀なくされた飯舘村や浪江町などの酪農家が共同で運営している。昨年12月に生乳の本格的な出荷を始めた。首相は同牧場の牛乳を試飲した後、酪農家らと意見を交わし、「皆さんの成功が東北の未来につながっていく。全力で応援したい」と呼びかけた。

     この後、運行再開を今春に控えたJR常磐線小高駅(南相馬市)を視察。福島県産の食材を使う広野町のレストラン、被災者の雇用の受け皿となっている楢葉町の工場なども訪れる。【加藤明子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 善光寺 トップの貫主がセクハラ 信徒が辞任勧告
    2. 黒部ダム 観光放水始まる…水煙に感動
    3. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
    4. 路上喫煙 新型たばこは対象? 自治体で対応割れる
    5. 大相撲 力士ら新幹線で名古屋入り…7月10日初日

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]