メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

末吉紀雄さん71歳=コカ・コーラウエスト元社長

 福岡商工会議所会頭を務めたコカ・コーラウエスト元社長の末吉紀雄(すえよし・のりお)さんが5日、肺がんのため死去した。71歳。通夜、葬儀は密葬で行われ、後日、同社がお別れの会を開く。

     末吉さんは2002年に社長に就任、10年から会長を務めた。16年1月に相談役に退いていた。また、11年から福岡商工会議所会頭に就いた。15年5月以降、体調を崩して病気療養に専念するため、福岡商工会議所会頭を任期途中の9月に退任した。

     福岡県中間市出身。西南学院大卒業後、1967年に日米コカ・コーラボトリング(現コカ・コーラウエスト)に入社した。北九州コカ・コーラボトリング(同)の幹部だった99年に山陽コカ・コーラボトリングとの合併を主導した。コカ・コーラウエストジャパン(同)副社長として01年に三笠コカ・コーラボトリングを子会社化した。

     社長に就任した4年後に近畿コカ・コーラボトリングとの経営統合をまとめ、会長として13年に南九州コカ・コーラボトリングを完全子会社化(14年に吸収合併)、15年には四国コカ・コーラボトリングの完全子会社化を進めた。営業エリアは沖縄を除く西日本全域にまで拡大した。

     一方、福岡商工会議所では、福岡市の主要企業で構成する「七社会」以外から2人目の会頭として、運営の透明化を図った。また13年に経済団体や大学などでつくる福岡空港滑走路増設等整備促進期成会の会長に就任。19年に開催予定のラグビーワールドカップ試合会場の福岡誘致などに尽力し、社会貢献活動にも熱心だった。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕
    2. ORICON NEWS 今度はサザエさんが高校生に マスオが一世一代の公開告白
    3. 詐欺容疑 カツ丼平らげ「無銭飲食しました」自ら110番
    4. 世界大学ランキング 東大、過去最低46位に THE発表
    5. 大阪市下水工事 数億円不正の疑い 業者、安い資材で差額

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]