メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太陽の一部が欠ける…9日午前に全国で観測も

3月9日午前の部分日食

 太陽の一部が欠けて見える部分日食が、天気が良ければ9日午前に全国で観測できる。日本で見られるのは2012年5月の金環日食以来。当日は西日本を中心に曇りか雨、北日本や関東地方でも降水確率30〜40%の予報で、今のところ好条件ではなさそうだ。

     日食は月が太陽の前を横切って、太陽を隠す現象。国立天文台によると、9日はインドネシアや北太平洋の一部で太陽が完全に隠れる皆既日食が起きる。

     日本では最初に太陽の右下が欠け、徐々に左に移っていく。隠れる面積が最大になる時刻と割合は▽那覇10時29分(22%)▽福岡10時46分(11%)▽京都10時59分(13%)▽東京11時8分(15%)▽札幌11時18分(5%)−−など。肉眼で観測すると目を痛めるため、天文台は家電量販店や科学館などで売っている日食グラスを使うよう呼び掛けている。

     次の部分日食は19年1月6日で、全国で観測できる。【久野華代】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 内田真礼 ミニアルバムがオリコン6位 発売初週に1.6万枚
    2. 富士山 北限からとらえた 308キロ先、福島・花塚山
    3. 特集ワイド お金ないから大学行けない 国立でも授業料年54万円、40年前比15倍
    4. 北限の富士山 60回近く通い詰めてやっと撮影
    5. 私立高 3割無償化 年収760万円未満対象、都が来年度

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]