メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遺骨10柱が帰国 39年ぶりに実施

 第二次世界大戦中のインパール作戦で多くの日本兵が死亡したミャンマーの少数民族地域で、日本政府が39年ぶりに実施した遺骨収集で見つかった遺骨10柱を4日、政府派遣団が持ち帰った。

     ミャンマーで遺骨の調査を続け、収集に協力した僧侶、井本勝幸さん(51)らが厚生労働省で4日、記者会見し、「ご遺骨を帰国させられて感無量です」と語った。

     インパール作戦は旧日本軍がミャンマーからインドのインパールに進攻した作戦で、雨期の山岳越えを補給不十分なまま強行し「白骨街道」と呼ばれたほどの犠牲者が出た。

     遺骨がある地域はミャンマー政府と少数民族が武力対立して立ち入りが困難だったが、近年、和平が進展して収集が実現した。

     井本さんは少数民族を支援するため2010年に隣国のタイに移住。約3年前からミャンマーで遺骨の調査を始め、住民に聞き取りをして遺骨がある地点を150カ所以上特定した。未調査の地域もあり、井本さんは「戦争を知っている古老が生きている今のうちに調査を進めたい」と話した。

     厚労省によると、ミャンマーでは約13万7000人が戦死したが、約4万5000人の遺骨が収容できていない。【古関俊樹】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 青森・中2自殺 いじめ訴える遺書の内容
    2. 青森・中1自殺 「いじめがなければ、もっと生きていた」
    3. 学校「指導死」シンポジウム 叱責後の自殺、防ぐ道は 全国の遺族ら集う 中区 /広島
    4. 小池都知事 「東京五輪組織委も調査対象に」森会長らに
    5. 社説 チケット高額転売 歯止めの議論が必要だ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]