メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発PR看板を撤去

支柱から切り離され、撤去される原発PR看板=福島県双葉町で2016年3月4日午前11時4分、佐々木順一撮影

 東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く福島県双葉町で4日、町体育館前の原発PR看板が撤去された。

     PR看板は「原子力明るい未来のエネルギー」などの標語が掲げられ、町内に計2基あったが、老朽化のため、町が昨年12月、町役場前の1基を三つに切断して保管している。しかし、標語を考案した大沼勇治さん(39)が「看板を切らずに保存してほしい」と町に求め、町体育館前の1基は切断しないことになった。

     看板は横約16メートル、縦約2メートルの大きさ。標語部分は看板から既に取り外されており、この日は、クレーン車を使って看板を両脇の支柱から切り離した。その後、大型トレーラーで保管場所の町役場の敷地内に運ばれた。

     大沼さんは「この看板は、もはや双葉町だけのものではない。原発の負の遺産として、町は展示する場所を決めてほしい」と話した。【佐々木順一】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 強制わいせつ容疑 サッカーU18の選手を逮捕…長野県警
    2. 悪ふざけ投稿 消防士3人が尻にホース、裸でポンプ車
    3. トイレ盗撮 法の穴 16県、条例規制は「公共の場所」
    4. 特集ワイド 「SMAPロス」の克服法 年末解散まで1カ月あまり… 300万枚に迫る「世界に一つだけの花」
    5. 明星食品 チョコ、ケーキ 変な味焼きそばで最後発が狙うブルーオーシャン

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]