メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被告「警官から自白で刑が軽くなる」

 栃木県日光市(旧今市市)で2005年、小学1年の女児(当時7歳)を連れ去り殺害したとして殺人罪に問われた勝又拓哉被告(33)の裁判員裁判は4日、宇都宮地裁(松原里美裁判長)で被告人質問が続いた。勝又被告は、殺害をいったん認めたことについて、殺人罪での起訴前に、「警察官に『自白すれば刑が軽くなる』と言われた」と主張した。

     裁判は勝又被告の自白の任意性が焦点。検察側は「被告は自分の意思で自由に話せていた」と主張しており、取り調べの録音録画で任意性を立証する方針。録音録画は10日からの公判で示される予定。【野口麗子、田中友梨】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. タクシー突入 病院に悲鳴響く…「お母さん」泣きすがる子
    2. アシアナ航空 副機長2人が乱闘 NY便1時間遅延
    3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    4. M-1グランプリ 「銀シャリ」が優勝
    5. タクシー突入 「車の不調聞いていない」…容疑者の家族

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]