メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被告、児童ポルノ認める

差し戻し審初公判 東京地裁立川支部で

 東京都三鷹市で2013年10月、元交際相手の女子高校生(当時18歳)を殺害したとして殺人罪などに問われた無職、池永チャールストーマス被告(23)の差し戻し審の裁判員裁判初公判は4日午後も東京地裁立川支部(菊池則明裁判長)で続いた。

     高校生の画像をインターネットのサイトに投稿したとして池永被告が追起訴された児童ポルノ禁止法違反の証拠調べで、検察側は池永被告がインターネットのサイトにアカウントを作成し、高校生とみられる静止画像67点を投稿したと説明。うち13点が児童ポルノ禁止法違反にあたる、などと述べた。池永被告は、追起訴された同法違反なども含め、起訴内容を認めた。

     池永被告の画像投稿は「リベンジポルノ」として社会問題化したが、検察側は当初、この行為自体を起訴しなかった。弁護側は、差し戻し前の1審で問わなかった罪を追加するのは公訴権乱用で違法だと主張した。【賀川智子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 24時間テレビ 裕太容疑者逮捕で前代未聞ドタバタ劇も間に合った
    2. 貧困たたき 新宿で緊急抗議デモ 作家の雨宮処凛さんらも
    3. 高畑容疑者 淳子さん会見での質問に批判殺到「不快だ」「母親に聞くな」
    4. 鈴木亜美 夫との“交際きっかけ”詳細語る 松本人志は「とんだ尻軽女」
    5. 台風10号 29日にかけ局地的に非常に激しい雨 東日本

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]