メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最優秀作品賞に「海街diary」

 第39回日本アカデミー賞の授賞式が4日、東京都内のホテルであり、最優秀作品賞に「海街diary」が選ばれた。本作は是枝裕和さんの監督賞をはじめ、撮影賞、照明賞を獲得した。

     他の主な受賞結果は次の通り(敬称略)。

     最優秀主演男優賞=二宮和也「母と暮せば」▽同主演女優賞=安藤サクラ「百円の恋」▽同助演男優賞=本木雅弘「日本のいちばん長い日」▽同助演女優賞=黒木華「母と暮せば」▽同脚本賞=足立紳「百円の恋」▽同美術賞=花谷秀文「海難1890」▽同録音賞=松陰信彦「海難1890」▽同編集賞=大関泰幸「バクマン。」▽同音楽賞=サカナクション「バクマン。」▽同外国作品賞=「アメリカン・スナイパー」▽同アニメーション作品賞=「バケモノの子」

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 松山千春さん ANA機内で熱唱 出発遅れで申し出
    2. 叶姉妹 念願のコミケ初出展 グッズ完売後も名刺手渡しの“神対応”
    3. 食中毒 5歳女児重体 O157、総菜サラダが原因 埼玉
    4. グリコ 広島、佐賀の2工場閉鎖へ 生産拠点再編
    5. 夏の高校野球 中京大中京マネジャー、広陵を応援 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]