メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

初戦、菅野が先発…5日から台湾と強化試合

握手を交わす小久保裕紀監督(左)と洪一中監督=名古屋市のナゴヤドームで2016年3月4日午後5時59分、岸本悠撮影

 野球の日本代表「侍ジャパン」と台湾代表の強化試合が5、6日、ナゴヤドームと京セラドーム大阪でそれぞれ行われる。来年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向け、日本代表にとって今季最初の実戦になる。

     4日は両チームともナゴヤドームで練習し、監督が記者会見した。日本の小久保裕紀監督は「台湾とはWBCで戦う可能性が高い。1年後を見据えるようにと、ミーティングした」と発言。台湾の洪一中監督も「選手に、日本の弱点をみつけてほしいと指示した」と応じた。

     小久保監督は5日の初戦で4番に中田(日本ハム)、5番に筒香(DeNA)、先発投手には菅野(巨人)を起用すると明言。中田については「堂々と打席に立ってほしい」と期待を込めた。

     また、嶋(楽天)が左手甲の打撲のため出場を辞退することが決まった。補充選手はない。【岸本悠】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 徳島県警 スマホ写真、被害者の瞳に容疑者の顔 解析成功
    2. 鑑識 事件捜査の職人たち/1 足痕跡係・北将治係長 /奈良
    3. WEB CARTOP 【突然の降雪でも慌てない】雪道を走るときに積んでおきたい装備10選
    4. 鳥取大雪 沿道住民、トイレ貸し握り飯配る 立ち往生車に
    5. WEB CARTOP 「雪道の立ち往生で罰金」報道でスタッドレスにもチェーンが必須という誤解発言

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]