メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本男子メダル確定…5大会連続 世界選手権団体戦

 【クアラルンプール田原和宏】卓球の世界選手権団体戦は第6日の4日、男女の決勝トーナメントが行われ、男子は日本が準々決勝で香港を3−1で破り、5大会連続のメダル獲得を決めた。日本は5日の準決勝で、1977年バーミンガム(英国)大会以来となる決勝進出を懸けてイングランドとフランスの勝者と対戦する。

     日本は水谷隼(ビーコン・ラボ)、吉村真晴(愛知工大)、丹羽孝希(明大)の布陣。水谷は1ゲームこそ失ったが何鈞傑を簡単に退け、吉村も相手エースの黄鎮廷に逆転勝ち。丹羽はベテラン唐鵬に敗れたが、4番手で再び登場した水谷が黄鎮廷に競り勝った。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 徳島県警 スマホ写真、被害者の瞳に容疑者の顔 解析成功
    2. 鑑識 事件捜査の職人たち/1 足痕跡係・北将治係長 /奈良
    3. 准看護師遺体 元同級生の女、中国が引き渡しへ 大阪府警
    4. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで
    5. 特別背任容疑 再春館元役員を不起訴 熊本地検

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]