メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木村は初防衛逃す…ダブル世界戦

十一回、ガニガン・ロペス(右)に攻められる木村悠=島津アリーナ京都で2016年3月4日、梅田麻衣子撮影

 世界ボクシング評議会(WBC)のダブルタイトルマッチ各12回戦が4日、島津アリーナ京都であった。バンタム級王者の山中慎介(33)=帝拳=は、同級3位で世界ボクシング協会(WBA)スーパーフライ級前王者のリボリオ・ソリス(33)=ベネズエラ=に3−0で判定勝ちし、10度目の防衛に成功した。山中の10連続防衛は、日本ジム所属の男子世界王者ではWBCバンタム級元王者の長谷川穂積(真正)に並ぶ歴代3位となった。山中の戦績は27戦25勝(17KO)2分け。

     ライトフライ級王者の木村悠(32)=帝拳=は、同級5位のガニガン・ロペス(34)=メキシコ=に0−2で判定負けし、初防衛に失敗した。ロペスは2度目の世界戦で初の王座に就いた。木村の戦績は22戦18勝(3KO)3敗1分け。国内の現役男子世界王者は10人となった。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 英EU離脱 公約「うそ」認める幹部 「投票後悔」の声も
    2. 自動ブレーキ ベビーカーに設置 中学生の発明が特許
    3. 英党首選 保守党・裏切りの一日…ゴーブ氏出馬に批判殺到
    4. 米テスラ・モーターズ 安価なEV 米で390万円から
    5. 路線価 中古マンション、東京都心で鈍化…変化の兆し

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]