メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パリコレ便り

(4)細部に「日本」宿る服

ルイ・ヴィトンのデザイナー、ニコラ・ジェスキエールなどLVMHプライズ審査員のリスト=パリ8区のルイ・ヴィトン本店内で2016年3月4日、野村房代撮影

 パリコレのスケジュールは、初日は若手や新進ブランドのショーが中心で、日を追うごとにビッグブランドのショーが増えてきます。プロローグからクライマックス、そしてエピローグへ−−まるで一つの物語のような構成です。

 そんなわけで、3日目ごろからだんだん体力的にしんどくなってきます。見るべきショーが多くなるのに加え、各ブランドがショーの翌日以降に行う展示会にも足を運ぶ必要があるからです。ショーはコレクション全体のコンセプトやデザイナーの世界観を表現するために行われ、細かい部分までは見ることができません。展示会では、生地の材質や色柄といったディテールを実際に手にとって確認し、そこに込められたデザイナーの意図などをうかがい知ることができます。

 3日目は、七つのショーと二つの展示会、そしてある賞の審査会場に行ってきました。ショーと展示会につい…

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1362文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです