メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の好きな場所

ゆるい空気に満たされる ビームス社長・設楽洋さんの書斎

1号店の雰囲気に似ているいう地下の書斎には、設楽洋社長の好きなものが集められている=東京都目黒区で、内藤絵美撮影

 「セレクトショップ」の先駆けとして知られる「ビームス」は、40年前の誕生以来、ファッションを通じて海外の生活文化を紹介してきた。社長の設楽洋さん(64)が暮らす東京都内の自宅で、独自の目利きによるコレクションを見せてもらった。

 さまざまなブランドの洋服や雑貨を、独自の選択基準で買い付けて販売するセレクトショップ。「インテリアも同じ。国や時代、ジャンルも異なるものを、自分なりに組み合わせている」と設楽さん。北欧のソファの隣にバリの骨董(こっとう)だんすを置いたり、イタリア家具にアフリカの工芸品を飾ったり。さまざまなテイストが調和し、不思議と落ち着く空間になっている。テーマは「ベランダの向こうから波の音が聞こえるような家」。「めまぐるしく変化するファッション業界で生きているけど、本当はスローな生活が理想。せめて自宅はゆるい空気が流れる場所にしたくて」と笑う。

 世界を回って目利きする仕事柄、自然とコレクションが増えた。椅子には特にこだわりがあり、その数60脚…

この記事は有料記事です。

残り891文字(全文1324文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「18歳成人」に思う 性別変更、慎重に判断して タレント・KABA.ちゃん(49)
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. 焦点・働き方改革 首都圏・総合病院の医師悲痛 当直明けも分刻み 「長時間労働、野放し状態」
  4. 陸上イージス 配備説明 秋田知事「不本意」 防衛相訪問
  5. 雑記帳 近鉄名古屋駅と伊勢中川駅(三重県松阪市)を結ぶ近鉄名古屋線が…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]