メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クルーズ氏とサンダース氏 2州制す

 【ワシントン西田進一郎】米大統領選に向けた民主、共和両党の予備選・党員集会が5日、計5州で行われた。共和党の4州では、保守強硬派のテッド・クルーズ上院議員(45)と同党候補者指名争いをリードする実業家ドナルド・トランプ氏(69)がそれぞれ2州で勝利。クルーズ氏が獲得代議員数でトランプ氏との差を縮め、対抗軸の筆頭としての存在感を示した。一方、民主党の3州では、バーニー・サンダース上院議員(74)が2勝し、同党最有力候補のヒラリー・クリントン前国務長官(68)は1勝。ただ、獲得代議員数ではクリントン氏が上回った。

     共和党は、中西部カンザス▽東部メーン▽南部ケンタッキー−−で党員集会、南部ルイジアナ州で予備選を実施。クルーズ氏はカンザス、メーン両州でトランプ氏を引き離して勝った。トランプ氏はルイジアナ、ケンタッキー両州でクルーズ氏に競り勝った。

     党内主流派が期待するマルコ・ルビオ上院議員(44)はすべての州で3位以下に沈んだ。これまでの19州で、トランプ氏は12勝、クルーズ氏は6勝、ルビオ氏は1勝となった。

     同党では、1日のスーパーチューズデーで11州のうち7州で勝ったトランプ氏が最有力候補の地位を固めた。しかし、極端で排外的な主張のトランプ氏では11月の本選で勝てないとみる党主流派が「トランプ降ろし」を強化しており、トランプ氏が勢いを持続できるのかが注目された。トランプ氏はしぶとく2勝をもぎ取って強さを示した。

     一方、民主党は中西部のカンザス、ネブラスカ両州で党員集会、ルイジアナ州で予備選を実施。サンダース氏が党員集会の両州を制したのに対し、クリントン氏は割り当て代議員数が多いルイジアナ州で圧勝した。クリントン氏はスーパーチューズデーに続き、黒人からの支持を背景に南部での強さを見せた。これまでの19州・地域で、クリントン氏は12勝、サンダース氏は7勝となった。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 夫婦げんか 高速道に夫を置き去り 北海道
    2. 高校野球 無念の没収試合…熱中症?交代要員なく 和歌山
    3. 「熱中症」診断 実は脳梗塞…家族「すぐに分かれば」
    4. 相模原殺傷 当直職員、集音マイクで異変察知 居室で物音
    5. ポケモンGO 西本願寺が一転、プレーヤー歓迎の看板

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]