メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大震災5年

自主避難者「いないこと」にされる不安

避難先の住宅で言葉を交わす福島敦子さん(右)と亜美さん(中央)、嵯都さん母子=京都府木津川市で、加古信志撮影

 「私たちのような自主避難者は、『いないこと』にされてしまう」。東日本大震災と福島第1原発事故(2011年3月)後、福島県南相馬市から京都府木津川市に娘2人と自主避難している福島敦子さん(44)は語気を強めた。

 福島県は昨年、自主避難者への住宅無償化を17年3月に打ち切ると発表した。自主避難者への唯一とも言える公的支援が消滅することになる。これにより、経済的に苦しい人は福島の自宅に帰還せざるを得なくなることが予想される。「帰還者が増えると、見かけだけは被災地の復興が進んだように見られてしまう。帰還しない自主避難者の実態も見えなくなる」と危惧する。

 毎日新聞と関西学院大災害復興制度研究所などが行ったアンケートでも、近畿に避難する人の約6割が行政に…

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文994文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  2. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  3. 人生相談 不愉快な質問、かわせない=回答者・光浦靖子
  4. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  5. 下関 市教委に「二枚舌」批判 講演会の後援巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]