メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若い女性ターゲット 佛教大生オリジナル「佛米」

オリジナル日本酒を手にする佛教大の学生ら=京都市下京区のジェイアール京都伊勢丹で、川瀬慎一朗撮影

 佛教大(京都市)の学生たちがオリジナルの日本酒「佛米(ぶっこめ)!夢乃酒」を作った。8日までJR京都駅の伊勢丹地下1階で販売している。

     課外活動の一環で7年前から学生有志が続け、今年は約10人が参加。大学が管理する田んぼで酒米を作り、酒どころ京都・伏見の酒造会社が醸造に協力している。300ミリリットル756円(税込み)から。

     今年はすっきりした味に仕上げ、ターゲットは若い女性。名前の「佛米」には学生らしい勢いのあるイメージを込めた。学生たちは「売り上げも勢いよく伸びれば」。【川瀬慎一朗】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. WEB CARTOP 【突然の降雪でも慌てない】雪道を走るときに積んでおきたい装備10選
    2. 鳥取大雪 沿道住民、トイレ貸し握り飯配る 立ち往生車に
    3. 鑑識 事件捜査の職人たち/1 足痕跡係・北将治係長 /奈良
    4. WEB CARTOP 「雪道の立ち往生で罰金」報道でスタッドレスにもチェーンが必須という誤解発言
    5. 鳥取大雪 300台以上が立ち往生 陸自に災害派遣を要請

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]