メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火口警報1週間 えびの観光風評被害

火口周辺危険の警報が発令され、通行止めとなった硫黄山近くの県道1号=宮崎県えびの市末永のえびの高原で、重春次男撮影
硫黄山(中央奥)の火口周辺危険の警報発令で警戒に当たる地元の消防署員=宮崎県えびの市末永のえびの高原で、重春次男撮影

 宮崎、鹿児島県境にある霧島連山・えびの高原の硫黄山(いおうやま)に「火口周辺危険」の警報が出されてから6日で1週間となる。火口の半径1キロ内の立ち入り規制が続き、地元は風評被害による高原全体の観光客減少を懸念する。専門家は警戒を呼びかけつつも、目立ったマグマの動きはなく規制範囲外の危険性は低いと指摘している。【重春次男、黒澤敬太郎、関東晋慈】

    宿泊キャンセルも

     えびの高原は温泉施設を備えた国民宿舎「えびの高原荘」(宮崎県えびの市)や物産販売店、キャンプ村もある人気のトレッキングスポットで、折しも春の行楽シーズン目前の警報となった。えびの高原荘は立ち入り規制範囲から外れているものの、警報発令から今月3日までに21件156人の宿泊がキャンセルされたという。

     えびの市によると2013年10月〜14年4月には約58万1000人が訪問したが、前回火口周辺危険の警報が出された14年10月からの同時期には推計約33万9000人と、4割以上減った。物産販売・レストラン「足湯の駅・えびの高原」の光森武志統括店長(42)は「規制されるのは高原の一部なのに全体が危ないと風評被害が広がらないか心配」と表情を曇らせる。

     登山客に人気の霧島連山・韓国(からくに)岳の宮崎県側登山道が規制範囲内で登れないのも打撃だが、えびの高原荘の高橋直樹総支配人(38)は「すぐ近くの鹿児島県側登山道からは登れる。高原には規制範囲外でも多くの魅力がある」とアピールする。市観光商工課の担当者も「安全を最優先にして正確な情報を登山客や観光客に伝えていきたい」と話す。

    水蒸気やガス影響

     気象庁は硫黄山付近でマグマの動きを示す地殻変動は見られないとしている。火山も研究する産業技術総合研究所(茨城県つくば市)の東宮(とうみや)昭彦主任研究員も「マグマ自体ではなく上昇した水蒸気などによる影響と考えられる」と指摘する。

     東宮主任研究員によると、硫黄山から約5キロ離れた新燃岳が11年にマグマ噴火した頃、硫黄山のほぼ真下の地下約6キロにマグマだまりができた。その影響で硫黄山周辺では14年8月にマグマの動きを示す火山性微動を初めて観測し、同年10月に火口周辺危険の警報が出された。

     その後は目立ったマグマの動きはなく、今回、硫黄山で確認された噴気などはマグマが冷える過程で火山性ガスや水蒸気が出て地下から上昇したものと考えられるという。

     東宮主任研究員は「小規模な水蒸気噴火の恐れがあり規制範囲には近づかないでほしいが、その外では危険性は低い」としている。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 事故 ダムに車転落、5人死亡…バーベキュー帰り 大阪
    2. 大島優子さん 乗用車で物損事故…けがなし
    3. 交通事故 軽とバイク衝突し炎上、4人死亡 群馬・太田
    4. クローズアップ2016 舛添氏資金問題 疑惑説明は全て先送り 強気の背景に法の不備
    5. 本社世論調査 「舛添氏辞任を」77%

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]