メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

急行と乗用車衝突 2人死亡 岐阜の名鉄

急行列車と乗用車が衝突した踏切周辺=岐阜県各務原市鵜沼各務原町1で2016年3月6日、石塚誠撮影

 6日午前5時50分ごろ、岐阜県各務原市鵜沼各務原町1の名古屋鉄道各務原線の踏切で、名鉄岐阜発新可児行き急行電車(4両編成)と乗用車が衝突した。車は大破し、運転していた愛知県小牧市中央、職業不詳、島袋洋さん(44)と、同乗の各務原市鵜沼大伊木町4、アルバイト、佐藤貴将さん(32)が死亡した。電車の16人にけがはなかった。

     岐阜県警によると、現場は二十軒−名電各務原間の遮断機と警報機がある踏切。電車の男性運転士は「車が踏切内に進入してきた」と話しており、県警で調べている。

     同線は三柿野−新鵜沼間の上下線で約3時間、運転を見合わせ、21本が運休するなど約1500人に影響が出た。【中村宰和、石塚誠】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 麻生財務相 離党届の豊田氏「あれ女性です」 派閥会合で
    2. 65歳定年 一時検討 15年に政府、経済界反発で見送り
    3. 欅坂46 握手会で刃物所持 男を逮捕 千葉・幕張メッセ
    4. クローズアップ2017 「人質外交」いらだつ米 学生、解放後死亡 北朝鮮拷問か、怒り渦巻く
    5. スマホ 家計を浸食 ガラケーから移行、データ量増え 格安広がらず、16年過去最高 総務省通信料調査

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]