メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

報道への「弾圧」…国務省がトルコ非難

 【ワシントン和田浩明】米国務省のカービー報道官は4日の定例会見で、トルコ最大紙ザマンが政府管理下に置かれたことなど同国の報道弾圧について「メディアや自らの批判者を狙った懸念すべき行動だ」と非難した。

     報道官はまた、トルコ政府に「報道の自由など、自国の憲法が重視する民主的価値を維持すべきだ」と呼びかけ、政府管理下で編集権の変更などが生じないよう強く求めた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 前田敦子 “世界一の大泉洋ファン”自負も「大泉の…」と呼び捨て 笑い止まらず
    2. ORICON NEWS 戸田恵子、鶴ひろみさんしのぶ「とにかく悲しい」 “3日前”の約束「いつか守れたら」
    3. 女性議員の産休 公表で批判続々 前例少なく制度整備遅れ
    4. 森友 「特例」指摘次々 値引き「根拠不十分」 検査院
    5. 自主回収 容器取り違え「どん兵衛」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]