メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

報道への「弾圧」…国務省がトルコ非難

 【ワシントン和田浩明】米国務省のカービー報道官は4日の定例会見で、トルコ最大紙ザマンが政府管理下に置かれたことなど同国の報道弾圧について「メディアや自らの批判者を狙った懸念すべき行動だ」と非難した。

     報道官はまた、トルコ政府に「報道の自由など、自国の憲法が重視する民主的価値を維持すべきだ」と呼びかけ、政府管理下で編集権の変更などが生じないよう強く求めた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 記者の目 日露 北方領土問題の焦点=前田洋平(政治部)
    2. 風知草 浮かれてられないよ=山田孝男
    3. 北方領土 ロシア人居住権を容認へ 政府方針
    4. 台風10号 「私の判断ミス」高齢者施設常務理事
    5. プーチン大統領 北方領土「一つとして売らない」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]