メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

報道への「弾圧」…国務省がトルコ非難

 【ワシントン和田浩明】米国務省のカービー報道官は4日の定例会見で、トルコ最大紙ザマンが政府管理下に置かれたことなど同国の報道弾圧について「メディアや自らの批判者を狙った懸念すべき行動だ」と非難した。

     報道官はまた、トルコ政府に「報道の自由など、自国の憲法が重視する民主的価値を維持すべきだ」と呼びかけ、政府管理下で編集権の変更などが生じないよう強く求めた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 徳島県警 スマホ写真、被害者の瞳に容疑者の顔 解析成功
    2. 鑑識 事件捜査の職人たち/1 足痕跡係・北将治係長 /奈良
    3. 准看護師遺体 元同級生の女、中国が引き渡しへ 大阪府警
    4. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで
    5. 特別背任容疑 再春館元役員を不起訴 熊本地検

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]