メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高崎で開催へ…布袋さん無料ライブも

アマチュアオーディションと無料ライブについて記者会見した(左から)多胡邦夫さん、布袋寅泰さん、富岡賢治・高崎市長=高崎市あら町のTAGO STUDIOで、2016年3月5日午後1時27分、増田勝彦撮影

 群馬・高崎市営のプロ用レコーディングスタジオ「TAGO STUDIO TAKASAKI」の運営責任者で、作曲家の多胡邦夫さんが5日、記者会見し、ジャンル・年齢を問わないアマチュアオーディションを開催すると発表した。7月3日の決勝には、高崎市出身で元BOOWYのギタリスト、布袋寅泰(ともやす)さんを招き、無料ライブも開く。高崎市高松町の「もてなし広場」を会場に、約1万人が入場できるという。

     同スタジオで開かれた記者会見には布袋さんも同席し、「高崎でギターと出会い、音楽と出会った。そこで見た大きな夢をまだ追い続けている。音楽の中に果てしない夢を見ている方と共に、高崎で奏でることを楽しみにしている」と語った。

     布袋さんは現在、家族と英国に移住してヨーロッパを拠点に活動している。アーティスト活動35周年を迎えた今年は、国内でも積極的に演奏活動を予定しており、無料ライブもその一環。布袋さんによると、長い音楽活動の中でも無料ライブは初めてという。

     布袋さんに無料ライブを呼びかけた多胡さんは会見で「あれだけの伝説を積み上げ、さらなる高みに上がるために世界に向け、夢を追い続ける布袋さんの情熱、魂を若い世代に触れさせてあげたい」と説明した。オーディションの優勝者はスタジオでレコーディングできるほか、プロデビューに向けて、多胡さん自身が支援するという。

     オーディションは、(1)バンド・シンガーソングライター(2)カラオケ−−の2部門。(1)はオリジナル曲2〜3曲を入れたCD、ライブが録画されたDVDなどの音源で、(2)はカラオケ店に設置された「DAM★とも」で3月25日から応募でき、それぞれ予備審査をする。

     応募期間は6月12日までで、特定のレコード会社、音楽出版社、プロダクションなど契約がなければ、個人・グループ、ジャンル、年齢は問わない。予備審査の通過者による予選は7月2日、高崎市内のライブハウスで開催。決勝は同3日に「もてなし広場」特設ステージで、布袋さんのライブの前に行う。応募方法などの問い合わせは、同スタジオ(027・381・6466)。【増田勝彦】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 銀魂 テレビアニメ新シリーズが放送へ
    2. 患者中毒死 夫なぜ殺された 2人目の中毒死判明
    3. 離婚 伊達公子さん、ドイツ人レーサーのクルムさんと
    4. 横浜・患者死亡 出勤の男性医師「信じられない」
    5. 患者中毒死 「点滴に混入物」…横浜市にメール

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]