メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学部の生徒ら実験中にやけど

 5日午前11時5分ごろ、茨城県つくば市金田(こんだ)の市立さくら学園桜中学校の教諭から「理科の実験中、3人がやけどした」と119番があった。科学部の3年男子部員2人と顧問の女性教諭(57)が顔や手に中度のやけどを負って病院に搬送されたが、命に別条はないという。

     県警つくば中央署などによると、科学部が3年生の送別会を開き、十数人が参加。事故当時は同校駐車場で、空き缶に入れた酸化銅とアルミニウムの混合粉末に火をつけ、銅を抽出する実験をしていた。想定以上に火が大きくなったとみられる。【玉腰美那子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 厚労省 タレント女医は医業停止3年 30人を行政処分
    2. 長谷川豊アナ 「降板まで発展するとは夢にも思いませんでした」
    3. 余録 「母の手は赤子となりて介護士の豊かな胸をそっと触りぬ…
    4. タレント女医 初公判 9割以上がニセ患者、治療せず院長室でゲーム
    5. 質問なるほドリ 抗菌せっけん、米でなぜ禁止?=回答・下桐実雅子

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]