メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地層

「千葉時代」認定目指せ…地質学の「基準地」に申請

研究者から地層の説明を受ける馳文科相(左)

 約77万年前の火山灰を含む千葉県市原市の地層が、地質学上の世界的な基準地「国際標準模式地」に選ばれる可能性が出てきている。国内の研究グループが「千葉時代(チバニアン)」の名前で、国際的な学術組織に申請する準備を進めており、馳浩文部科学相が5日、現地を視察した。現地で説明を受けた馳氏は研究を後押しする考えを示した。

     同市田淵の養老川沿いにある「千葉セクション」と呼ばれる地層で、豊富な「磁性鉱物粒子」が含まれる。地球の磁場は過去、不定期にN極とS極が逆転。約77万年前に最後の逆転が起きたとされ、千葉セクションは詳しい分析が可能な地層とされる。国立極地研究所(東京都)の菅沼悠介助教らが研究を進めてきた。

     地質学上の時代名は、その時代の代表となる場所が国際標準模式地として1カ所選ばれる。約77万年前の地層はイタリアにも2カ所あり、千葉セクションを合わせた3候補地の争いになっている。審査する国際地質科学連合は2017年初めまでに選定する。

     選ばれれば、地質時代に初めて日本の地名が付けられることになる。馳氏は視察後、記者団に「ぜひ機運を盛り上げてほしい」と話した。【阿部義正】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
    2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
    3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
    4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
    5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです