メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「もう少しできたんじゃ」…山本昌さん引退試合

【中日−ヤクルト】引退セレモニーで涙をこらえながらあいさつする山本昌さん=名古屋市東区のナゴヤドームで2016年3月5日、兵藤公治撮影

 昨季限りで現役を引退したプロ野球・中日の投手、山本昌さん(50)=本名・山本昌広=が5日、名古屋市のナゴヤドームで引退試合に臨んだ。ヤクルトとのオープン戦に先発し先頭打者から3球で三振を奪って降板。50歳1カ月だった昨年10月7日の広島戦(マツダ)に先発出場するなど数々の史上最年長記録を樹立した左腕は「世界で一番幸せな野球選手だった」と感慨深げに語った。

     中日に32年間所属し219勝を挙げた。この日は1日限りの選手契約を結び、昨季までと同じ背番号34のユニホームで登場。かつて中日でともにプレーしたヤクルトの森岡良介内野手(31)を得意のスクリューボールで空振り三振に仕留め、「もう少しできたんじゃないか」と笑った。

     試合後のセレモニーでは涙を浮かべ、「いつの日か、ユニホームを着て戻って来たい」と指導者としての復帰を宣言。3万4000人を超える観客から大歓声を浴びた。【大谷津統一】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 御嶽山 50人の命救った山小屋、建て替えで解体作業進む
    2. 豊洲問題 小池知事、石原元知事から聞き取りの意向
    3. 米大統領選 初の直接対決 テレビ討論会 資質で火花
    4. 特集ワイド 「アンチエイジング」大嫌い! 小泉今日子さんらの発言に共感の輪
    5. 木星衛星 エウロパから水噴き出す NASAが観測

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]