メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

法大中退、レスリングから転向の稲垣…新弟子検査

新弟子検査で玉ノ井親方(奥)に身長を測られる稲垣=大阪市天王寺区の大阪警察病院で2016年3月5日、吉見裕都撮影

 大相撲の新弟子検査が5日、大阪市の大阪警察病院であり、昨年より3人多い46人が受検した。全員が身長167センチ、体重67キロ以上などの体格基準を満たし、内臓検査の結果を踏まえて初日の13日に合格者が発表される。

     佐渡ケ嶽部屋から受検した稲垣善之(21)は奈良・大和広陵高時代、2012年国体レスリング少年フリースタイル120キロ級で優勝。法大で競技を続けていたが、「レスリングだけをすることが難しかった。思い切って自分の力をぶつけてみようと思った」と転向を決断した。中学時代は楽しむ程度で相撲をしており、当時声を掛けてくれた佐渡ケ嶽親方(元関脇・琴ノ若)へ初場所後に電話して入門が実現した。大学を中退しており「レスリングを捨てて、前に出ることを覚えたい」と意気込んだ。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. リオ五輪 円盤投げの銀メダル売却 小児がん男児のために
    2. 安倍首相 アフリカに3兆円投資 官民・3年で
    3. 布施広の地球議 「ミサイル防衛」幻想
    4. ワンセグ放送 NHK受信料、支払い義務ない
    5. 北朝鮮ミサイル 安保理が非難声明 中国軟化か

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]