メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本男子39年ぶり決勝進出…世界選手権団体戦

イングランドに勝利

 【クアラルンプール田原和宏】卓球の世界選手権団体戦は第7日の5日、当地で男女の決勝トーナメント準決勝の残り3試合を行った。日本男子は、33年ぶりに4強入りを果たしたイングランドを3−1で降し、1977年バーミンガム(英国)大会以来39年ぶりの決勝進出を決めた。前日に決めた女子とそろっての決勝進出は、女子が優勝した71年名古屋大会以来45年ぶり。男子は47年ぶりの頂点を目指す。

     日本は1番手の水谷隼(ビーコン・ラボ)がストレート勝ち、2番手は吉村真晴(愛知工大)がフルゲームの末連勝し、3番手の大島祐哉(早大)は敗れたが、2戦目の水谷が、22歳のピッチフォードとの接戦をものにした。

     6日の決勝は男女ともに中国が相手。中国は男子が8連覇を狙い、5日に韓国に3−0で勝利。3連覇を目指す女子は台湾を3−0で圧倒した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アジア投資銀 「顧問」就任、鳩山元首相に打診
    2. 路上喫煙 新型たばこは対象? 自治体で対応割れる
    3. スイカロードレース 熱中症で男性重体…千葉・富里
    4. 共産・藤野氏 「人を殺す予算」と発言、取り消す
    5. 選択の現場 2016参院選 愛媛選挙区 TPP、揺れるみかん県

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]