メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

卓球

日本男子39年ぶり決勝進出…世界選手権団体戦

イングランドに勝利

 【クアラルンプール田原和宏】卓球の世界選手権団体戦は第7日の5日、当地で男女の決勝トーナメント準決勝の残り3試合を行った。日本男子は、33年ぶりに4強入りを果たしたイングランドを3−1で降し、1977年バーミンガム(英国)大会以来39年ぶりの決勝進出を決めた。前日に決めた女子とそろっての決勝進出は、女子が優勝した71年名古屋大会以来45年ぶり。男子は47年ぶりの頂点を目指す。

     日本は1番手の水谷隼(ビーコン・ラボ)がストレート勝ち、2番手は吉村真晴(愛知工大)がフルゲームの末連勝し、3番手の大島祐哉(早大)は敗れたが、2戦目の水谷が、22歳のピッチフォードとの接戦をものにした。

     6日の決勝は男女ともに中国が相手。中国は男子が8連覇を狙い、5日に韓国に3−0で勝利。3連覇を目指す女子は台湾を3−0で圧倒した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 草なぎ剛 「新しい可能性を信じて努力したい」 “今年最も輝いた男性”に喜び
    2. ORICON NEWS 和田正人&吉木りさが結婚発表 “いい夫婦の日”に婚姻届提出「笑顔のたえない家庭を」
    3. 阿波踊り 累積赤字4億3600万円 徳島市「収支改善、主催者に要請」 /徳島
    4. 日清食品 カップそば自主回収
    5. 牧太郎の大きな声では言えないが… 「いざなぎ超え」のうそ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]