メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本男子39年ぶり決勝進出…世界選手権団体戦

イングランドに勝利

 【クアラルンプール田原和宏】卓球の世界選手権団体戦は第7日の5日、当地で男女の決勝トーナメント準決勝の残り3試合を行った。日本男子は、33年ぶりに4強入りを果たしたイングランドを3−1で降し、1977年バーミンガム(英国)大会以来39年ぶりの決勝進出を決めた。前日に決めた女子とそろっての決勝進出は、女子が優勝した71年名古屋大会以来45年ぶり。男子は47年ぶりの頂点を目指す。

     日本は1番手の水谷隼(ビーコン・ラボ)がストレート勝ち、2番手は吉村真晴(愛知工大)がフルゲームの末連勝し、3番手の大島祐哉(早大)は敗れたが、2戦目の水谷が、22歳のピッチフォードとの接戦をものにした。

     6日の決勝は男女ともに中国が相手。中国は男子が8連覇を狙い、5日に韓国に3−0で勝利。3連覇を目指す女子は台湾を3−0で圧倒した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 相模原殺傷 容疑者「ヒトラーの思想が降りてきた」
    2. 相模原殺傷 尊厳否定「二重の殺人」全盲・全ろう東大教授
    3. 知的障害 通所女性が中絶 「望まない妊娠、再発防止を」 20代男女、施設内で性行為 施設側、認識の甘さ認める /神奈川
    4. 相模原殺傷 19遺体ほとんどベッドで 逃げる間なく被害
    5. 無尾翼機 ナウシカ「メーヴェ」よ 白く美しく 大空舞え

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]