メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 パリコレ4日目は、ショー会場について紹介します。

 この日最初に行われたロエベのショーの会場は国連教育科学文化機関(ユネスコ)本部。2014年に新進気鋭のジョナサン・アンダーソンがデザイナーに就任して以来、いつも会場に使われています。

 アメリカ人とイタリア人、フランス人の建築家3人が共同設計したモダンな建物で、安藤忠雄さんによる「瞑想(めいそう)の空間」、イサム・ノグチが手がけた日本庭園もあります。館内には多数の現代美術作品が飾られており、洋服にアートの要素を多く取り入れているデザイナーらしい選択です。

 ブランド担当者によると、今回は「アパルトマンでくつろぎながら見てもらうイメージ」で会場構成が考えら…

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文844文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  2. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  3. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  4. 定年離婚 妻は真剣? 子どもあり28%「考えた」
  5. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです