メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記憶遺産

2候補が共同シンポ 「上野三碑」と杉原千畝「命のビザ」 高崎の登録推進協と岐阜の八百津町が企画 /群馬

 ユネスコの記憶遺産の国内候補になった「上野三碑」がある高崎市で6日、同時に国内候補に選ばれた杉原千畝(1900〜86年)の「命のビザ」との共同シンポジウムが開かれた。県によると、国内候補の2遺産を並べて講演する企画は全国初。

 千畝の長男の妻でNPO「杉原千畝命のビザ」理事の杉原美智さんは、第二次世界大戦中の1940年、リトアニアのカウナスで領事代理だった千畝が、ナチス・ドイツに迫害されていたユダヤ系難民らに日本通過ビザを発給し、脱出を助けた史実を紹介した。

 カウナスでは当時、強制収容所で焼かれた人の灰が舞い、異臭が漂っていた。外務省の難民受け入れ制限に反…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文594文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. 盗撮 法の不備あらわ 被害者、流出おびえ
  3. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  4. いま、性被害を語る 男はなぜ痴漢をするのか 性犯罪加害者治療に取り組む斉藤章佳さん 
  5. なりすまし 後絶たず 盗撮画像を添付/別人のわいせつ写真掲載 恐怖・不安、被害者「法整備を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです