メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米軍機

71年ぶり「帰還」へ 大分・佐伯

 第二次世界大戦末期の1945年3月、大分県佐伯市を空襲して墜落した米軍の艦上戦闘機「F4Uコルセア」、同型機=の機体の一部が、同市から米国に6日、返還された。地元漁師の網に偶然かかって引き揚げられ、2007年から市が保管していた。米軍機が飛び立った母艦は現在、米ニューヨーク市で博物館として使用されており、戦後70年の昨春に米側から寄贈を要請された佐伯市が「日米の友好の証しに」と快諾した。

 コルセアのプロペラ付きエンジンと主翼の一部を保管してきた佐伯市の平和祈念館「やわらぎ」であった返還…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
  4. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  5. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです