メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国防委が威嚇「総攻勢に入る」 米韓演習を非難

 【北京・西岡省二】北朝鮮国防委員会は7日、朝鮮中央通信を通じて声明を発表し、同日始まった米韓合同軍事演習を非難して「総攻勢に入る」と威嚇した。北朝鮮は国連安保理制裁決議や合同演習に強く反発しており、短・中距離弾道ミサイル発射などさらなる挑発行為に打って出る可能性がある。

     合同軍事演習について声明は、北朝鮮の「自主権と安全を侵害」する、「米国とその追従勢力による核戦争への挑発」と主張。米空母や戦略爆撃機などに加え、北朝鮮の最高首脳部と制度転覆を狙った特殊部隊も投入されるとして、必要に応じて直ちに対応する構えを示した。

     北朝鮮は過去にも米韓軍事演習に合わせ、短・中距離弾道ミサイルを発射するなど挑発行為を仕掛けてきた。今年も演習を前に、最高司令部が「重大声明」を発表し、韓国大統領府や米本土への先制攻撃も辞さないと威嚇している。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 女子大生刺傷 さらに滋賀の女性が県警にトラブル相談
    2. 米大統領広島訪問 「核兵器のない世界追求」オバマ氏訴え
    3. 米大統領広島訪問 オバマ氏、4羽の折り鶴 その思いは…
    4. AV強要 「芸能活動、実は…」被害女性が実態語る
    5. 大韓航空機出火 恐怖の瞬間「爆発する、今日が命日か」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]