メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

引き渡し式 海自、17隻体制に

引き渡し式で公開された最新鋭潜水艦「じんりゅう」=神戸市兵庫区で2016年3月7日午前10時5分、幾島健太郎撮影

 三菱重工業神戸造船所(神戸市兵庫区)で7日、防衛省発注の潜水艦「じんりゅう」の引き渡し式があった。

 式典には海上自衛隊の武居智久海上幕僚長ら約260人が参加。引き渡し書の授受の後、自衛官65人が乗り込んで自衛艦旗を掲揚した。海上自衛隊の潜水艦は17隻体制となる。

 じんりゅうは「そうりゅう型」と呼ばれる最新鋭潜水艦の7番艦。全長84メートルで排水量は2950トン、乗員数は65人で水中を20ノットで航行する。建造費は約545億円。そうりゅう型はおやしお型の次世代にあたり、潜行から浮上までの航続力が飛躍的に高い。同社と川崎重工業が交互に受注・製造している。

 日本は、官民共同でオーストラリアの次期潜水艦の建造計画の受注を目指しており、そうりゅう型の現地生産などを提案。独、仏と競っている。【久野洋】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さまよう住まい 阪神大震災22年/上(その1) 一生の家と信じていた
  2. 阪神大震災22年 「伝えていく」弟を失った経験、後世に
  3. 厚労省 タレント女医は医業停止3年 30人を行政処分
  4. オセロ 「きのこの山」と「たけのこの里」で対決!
  5. 阪神大震災22年 亡き妻今も家族の中心 父子4人絆強め

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]