メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

39歳マニング引退へ 「史上最高のQB」

 【ニューヨーク田中義郎】米プロフットボール、NFLで先月のスーパーボウルを制し、最優秀選手(MVP)にも史上最多の5回選出されるなど「史上最高のQB」と呼ばれるブロンコスのペイトン・マニング(39)が現役引退を決意したと6日、NFLの公式サイトや米メディアが報じた。5日にブロンコスの監督らに現役引退の意向を伝えたという。7日に記者会見を開いて正式表明する。

     24日に40歳の誕生日を迎えるマニングは、1998年にコルツに入団。高いパス能力を生かし、1年目から13年連続で全試合に出場。2012年にブロンコスに移籍した。通算539TDパスなどのNFL記録をマークし、今季は自身2度目のスーパーボウル制覇を成し遂げた。

     NFLのグッデル・コミッショナーは「マニングは競争心、試合を愛する心で、ファンを興奮させる伝説の選手となった」と声明を出した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東京・小金井のアイドル刺傷 事件直前、被害者が110番 1分後、目撃者通報
    2. 租税回避地 ケイマンに投資残高急増 日本から74兆円
    3. 浦和うなこちゃん 発見できず…捜索したが さいたま
    4. 天文衛星 「ひとみ」失敗、人為ミス重なる…JAXA報告
    5. 立てこもり 包丁持つ男、女性人質に…元交際相手か 松山

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]