メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

筒香2ラン大量得点攻勢 9−3台湾代表降す

九回表日本1死三塁、筒香が右越えに2点本塁打を放つ=京セラドーム大阪で2016年3月6日、梅田麻衣子撮影

 野球の日本代表「侍ジャパン」と台湾代表との強化試合第2戦が6日、京セラドーム大阪で行われた。日本が9−3で勝ち、2連勝で強化試合を終えた。台湾が三回に2死一、三塁から重盗を決め先制したが、日本は四回に筒香(DeNA)の犠飛で追いつき、五回には丸(広島)の適時打などで2点。九回にも筒香の2ランなどで大量点を加えた。2回で4奪三振の西(オリックス)ら、投手陣が中盤に踏ん張ったのも勝因だった。

    日本・小久保監督の話

     足を絡めた攻めが良い方向に出た。この2試合の収穫は、投手陣の出来の良さを再認識できたこと。

    台湾・洪一中監督の話

     不本意な結果だった。日本はアジアで一番強いチームだと改めて感じた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 陸上自衛隊 戦車が市街地パレード 香川
    2. 陸上 桐生祥秀10秒08 出雲大会
    3. フィギュアスケート 村上佳菜子引退 14年ソチ五輪代表
    4. 世界の雑記帳 米プロテニスの試合中近隣から「喘ぎ声」、選手は集中できず
    5. 中居正広 香取慎吾に「子供いたんだって?」 スマステでSMAP解散後初共演

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]