メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

侍ジャパン

筒香2ラン大量得点攻勢 9−3台湾代表降す

九回表日本1死三塁、筒香が右越えに2点本塁打を放つ=京セラドーム大阪で2016年3月6日、梅田麻衣子撮影

 野球の日本代表「侍ジャパン」と台湾代表との強化試合第2戦が6日、京セラドーム大阪で行われた。日本が9−3で勝ち、2連勝で強化試合を終えた。台湾が三回に2死一、三塁から重盗を決め先制したが、日本は四回に筒香(DeNA)の犠飛で追いつき、五回には丸(広島)の適時打などで2点。九回にも筒香の2ランなどで大量点を加えた。2回で4奪三振の西(オリックス)ら、投手陣が中盤に踏ん張ったのも勝因だった。

    日本・小久保監督の話

     足を絡めた攻めが良い方向に出た。この2試合の収穫は、投手陣の出来の良さを再認識できたこと。

    台湾・洪一中監督の話

     不本意な結果だった。日本はアジアで一番強いチームだと改めて感じた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 中学の性教育授業 都と足立区が火花 避妊の方法はだめ?
    2. 米軍機 超低空訓練 岩手の住宅地 サイトに動画投稿
    3. ORICON NEWS 元NHKの有働由美子氏が事務所所属を報告 マツコやくりぃむらの“仲間入り”
    4. 大川小津波訴訟 遺族、2審も勝訴「事前防災に不備」
    5. 希望・民進 四分五裂 新党は不参加続出、立憲派も根強く

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]