メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

有明海漁場改善協議会

農水省と沿岸4県、諫干問題に触れず /長崎

 漁業不振が続く有明海の再生を目指す長崎、佐賀、福岡、熊本の沿岸4県と農林水産省などでつくる「有明海漁場環境改善連絡協議会」(会長、井上明・九州農政局長)が7日、福岡市で開かれた。農水省によると、当初から協議会は国営諫早湾干拓事業の開門問題には触れないことを前提としており、諫干を巡る訴訟の和解協議で国が4月に長崎地裁に示す予定の有明海再…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです