メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「論争」の戦後70年

第22回/止 政軍関係の将来 市民こそ国防の知識を

卒業式後の任命・宣誓式で敬礼する卒業生たち=神奈川県横須賀市の防衛大で昨年3月22日、小川昌宏撮影

防大教育は戦前を反省 専門家意識抑えて文民統制

 「政軍(せいぐん)関係」と聞いても、ぴんとこない人が多いと思う。「ある一国家の中での政府と軍の関係」なのだが、戦後の日本では相当の間、他国と違って研究が盛んではなかったという(三宅正樹氏「政軍関係研究」)。まして、一般の話題にならないのも当然だろう。敗戦で軍隊がなくなったから仕方がない、といえようか。しかし、政軍関係の大事なテーマは文民統制(シビリアンコントロール)だ。戦後の節目に考えるのにふさわしい題材である。

 前回、昭和史家、保阪正康さんの研究に基づき、旧日本軍が国民の生命をかえりみない異様な組織となって暴…

この記事は有料記事です。

残り2513文字(全文2795文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  3. J1神戸 ポドルスキ暴言問題に無言…進展なしもインスタ更新(スポニチ)
  4. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです