メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

@大学 将来見据え共生の形探る 東日本大震災から5年、被災地の取り組み

「学都仙台コンソーシアム」が始めた「復興大学」のフィールドワークに参加する学生たち

 東日本大震災から5年。全国の大学が何らかの形で被災地の支援や復興にかかわってきたが、現地では人口減少に歯止めがかからず、産業の再生がままならない地域も多い。今後、大学は被災地とどう連携していけばいいのか。被災地の大学の取り組みから探った。

 ●避難所1200人受け入れ

 宮城県石巻市は東日本大震災の津波で被災市町村最多の死者・行方不明者約4000人を出した。同市の中心街から北に2キロの石巻専修大。同大は旧北上川沿いにキャンパスがあるが、津波や建物の被害はほとんどなく、震災直後から災害対応拠点になった。避難所として最大1200人を受け入れたほか、日本赤十字社の救護所、自衛隊などのヘリポート、ボランティアセンターなどが臨時に開設され、被災地にある大学では最大の前線基地になった。坂田隆学長は当時を振り返りながら言う。

 「震災・津波で学生6人が犠牲になり、学生・教職員の3分の1以上が被災した。それでも学生たちは、早い…

この記事は有料記事です。

残り1428文字(全文1837文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです