メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再起

東日本大震災5年/5止 父と愛犬思い、運ぶ針

自宅のリビングで刺しゅうに取り組む新妻佳子さん。父の遺影と愛犬の刺しゅう絵がいつも見守っている=宮城県東松島市新東名で

 宮城県東松島市の仮設商店街の一角に、刺しゅうを施したハンカチや小物を販売するカフェがある。商品を作っているのは、約70人の女性でつくる「東松島ステッチガールズ」。東日本大震災で被災した主婦らが「地域に根ざしたビジネスに」と、2014年1月に結成した。その一人、新妻佳子(よしこ)さん(53)は、父の長坂亘さん(当時83歳)を津波で失った。心の支えとなったのは、父が守った愛犬だった。

 松島湾をのぞむ東松島市新東名(しんとうな)の自宅。リビングには父の遺影と、愛犬の「アパッチ」をクロ…

この記事は有料記事です。

残り1152文字(全文1394文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 大相撲秋場所 栃ノ心、横綱つり上げ破る 理事長も驚く
  3. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです