メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民法規定

国連委は撤廃促す…別姓認めず「夫の姓を強制」

 【ローマ支局】国連の女性差別撤廃委員会が7日公表した対日審査会合に関する「最終見解」は、夫婦別姓や再婚禁止期間などの民法規定について、日本政府に速やかな改正を勧告した。

 委員会は、昨年12月に最高裁が夫婦別姓を認めない民法の規定を「合憲」と判断したことについて「実際には夫の姓を使うよう強制している」と指摘。6カ月間の女性の再婚禁止期間については、最高裁が「100日を超えて再婚を禁じるのは違憲」としたが、「女性だけが特定期間の再婚を禁じられている」として撤廃を促した。

 また職場でのセクハラを防止する法的措置の整備なども求めた。

 慰安婦問題をめぐる昨年末の日韓合意については「元慰安婦らを中心としたアプローチを完全には取っていない」と指摘し、元慰安婦らの立場に寄り添った解決を目指すよう求めた。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボクシング 選手苦しむ地獄の減量「最後はレタス1枚」
  2. 南北首脳 朝鮮戦争「終戦」意思確認へ調整 27日会談
  3. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
  4. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  5. ボクシング 井岡、引退の可能性浮上 背景に父子関係こじれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]