メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「早く新体制で」サッカー協会会長

厳しい表情で試合を見つめる佐々木則夫監督=大阪市東住吉区のキンチョウスタジアムで2016年3月7日、三浦博之撮影

 7日に行われたサッカー女子のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選で日本の敗退が決まり、佐々木則夫監督(57)が大会終了後に退任する見通しになった。日本サッカー協会の大仁邦弥会長は試合後、「次は東京五輪だから、できるだけ早く新しい体制を作って次にスタートした方がいい」と述べた。

     後任の有力候補には、2014年にU17(17歳以下)女子日本代表監督としてチームをU17女子ワールドカップ(W杯)優勝に導き、現在U20(20歳以下)女子日本代表を率いる高倉麻子監督(47)が浮上している。【大島祥平】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 青森・中2自殺 いじめ訴える遺書の内容
    2. 和歌山射殺 逮捕状の容疑者 収監の日に強硬手段
    3. アップル アイフォーン新機種発表か 9月7日に発表会
    4. 青森・中1自殺 「いじめがなければ、もっと生きていた」
    5. 学校「指導死」シンポジウム 叱責後の自殺、防ぐ道は 全国の遺族ら集う 中区 /広島

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]