メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聖火台設置場所、検討チーム発足…11日に初会合

遠藤利明五輪担当相=首相官邸で2016年2月19日、藤井太郎撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場の聖火台設置場所について、遠藤利明五輪担当相は8日、閣議後の記者会見で検討ワーキングチームを発足させたことを明らかにした。議長は遠藤氏が務め、スポーツ庁や東京都、日本スポーツ振興センター(JSC)ら10人がメンバーに入り、4月下旬までにとりまとめを行う。11日に初会合を実施。聖火台を競技場の中と外のどちらに設置するのかや費用などの課題を洗い出し、設置場所の基本的な考え方を整理する。聖火台の設置は、国際オリンピック委員会(IOC)が▽五輪スタジアム内の観客すべてから見える場所▽競技期間中はスタジアムの外からも見える−−など詳細な条件を決めている。【浅妻博之】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 伊勢志摩サミット 「リーマン級」に批判相次ぐ
    2. 伊勢志摩サミット 首相の認識に疑問 世界経済「リーマン前に似る」 市場関係者「無理ある」
    3. 米大統領広島訪問 平岡・元広島市長「何をしに来たのか」
    4. 米大統領広島訪問 謝罪しなければ、構わない…トランプ氏
    5. 盲導犬 タクシーが拒否 運輸支局が処分方針 金沢

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]