メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支給要件を厳格化 厚労省方針 

 厚生労働省は7日、リストラ対象になった労働者らの再就職を支援する「労働移動支援助成金」について、支給要件を厳しくする方針を明らかにした。助成金を巡っては、人材派遣会社が企業にリストラを指南し、利益を得ているという批判が出ていた。同省は4月からの実施を目指す。

     企業が、リストラする労働者を速やかに再就職させるため人材派遣会社などに支援を委託すると、費用の一部が助成される。これについて民主党などは、人材派遣会社がリストラを計画する企業に削減の手法を提案し、助成金の一部を利益として得ていると国会で追及していた。

     厚労省は、企業が助成金を申請する際、退職者本人の署名や住所の記入に加え、退職を強要されなかったかどうかを新たに確認する。問題があった企業には助成金の返還を求める方針だ。【阿部亮介】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 愛媛 サーバルキャット「ユカ」人気 けものフレンズ効果
    2. 北朝鮮ミサイル 日本の反応に韓国メディア「大げさだ」
    3. 暴力団 金も人もなく節約しかねぇ 組事務所「シェア」増加
    4. 神戸山口組 分裂 新組織は「任侠団体山口組」
    5. 山口組分裂1年 元組長「代紋も足かせ メシ食えぬ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]