メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20言語で「ありがとう」投影 過去最多入城者で

入城者数が日本一となり、姫路城に映し出された世界20言語の「ありがとう」=兵庫県姫路市で2016年3月7日午後6時32分、宮武祐希撮影

 過去最多の入城者を記録している世界遺産・姫路城(兵庫県姫路市)で7日夜、盛況に対する感謝の思いを国内外に伝えようと、同市が20言語で「ありがとう」のメッセージを大天守の壁面に投影した。「サンキュー」の語呂から「ありがとうの日」とされる3月9日まで3日間、午後10時まで1回2分で随時映し出される。

     約5年半かけて平成の修理を終えた姫路城は昨年3月27日、大天守内部への一般の登閣を再開。市観光振興課によると、白く塗り替わった漆喰(しっくい)の壁も人気を呼び、今年度は2月末までに約262万7600人が入城した。通常時の記録だった2008年度の熊本城(約221万9500人)を抜き日本一に。そのうち外国人は約27万6000人に上った。

     7日夜は、姫路城・三の丸広場側の4台の投影機が、日本語や中国語、ドイツ語、タイ語などの「ありがとう」を大天守南側の壁面に一斉に映し出した。【山縣章子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 伊勢志摩サミット 「リーマン級」に批判相次ぐ
    2. 伊勢志摩サミット 首相の認識に疑問 世界経済「リーマン前に似る」 市場関係者「無理ある」
    3. 米大統領広島訪問 平岡・元広島市長「何をしに来たのか」
    4. 米大統領広島訪問 謝罪しなければ、構わない…トランプ氏
    5. 盲導犬 タクシーが拒否 運輸支局が処分方針 金沢

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]