メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20言語で「ありがとう」投影 過去最多入城者で

入城者数が日本一となり、姫路城に映し出された世界20言語の「ありがとう」=兵庫県姫路市で2016年3月7日午後6時32分、宮武祐希撮影

 過去最多の入城者を記録している世界遺産・姫路城(兵庫県姫路市)で7日夜、盛況に対する感謝の思いを国内外に伝えようと、同市が20言語で「ありがとう」のメッセージを大天守の壁面に投影した。「サンキュー」の語呂から「ありがとうの日」とされる3月9日まで3日間、午後10時まで1回2分で随時映し出される。

     約5年半かけて平成の修理を終えた姫路城は昨年3月27日、大天守内部への一般の登閣を再開。市観光振興課によると、白く塗り替わった漆喰(しっくい)の壁も人気を呼び、今年度は2月末までに約262万7600人が入城した。通常時の記録だった2008年度の熊本城(約221万9500人)を抜き日本一に。そのうち外国人は約27万6000人に上った。

     7日夜は、姫路城・三の丸広場側の4台の投影機が、日本語や中国語、ドイツ語、タイ語などの「ありがとう」を大天守南側の壁面に一斉に映し出した。【山縣章子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 市川由衣 第1子男児を出産 「感動で涙が止まりませんでした」
    2. 内閣法制局 安保法決裁「5月0日」 文書ずさん記載
    3. 東京都 五輪予算232億円付け替え 担当外の局に
    4. 東京都 リオPR施設運営費、4分の3を負担か
    5. クローズアップ2016 中国製高速鉄道、暗雲 インドネシアに建設、用地買収停滞・資金難

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]