メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なでしこ

佐々木監督「指揮官として僕の責任が一番重い」

リオ五輪予選敗退

 サッカー女子のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選は7日、大阪で第4戦があり、4大会連続5回目の五輪出場を目指していた日本の予選敗退が決まった。佐々木則夫監督(57)は「(リオ五輪を逃し)指揮官として僕の責任が一番重い。選手たちは残り2戦を精いっぱいやるということで、最後の最後までゴールを目指してくれた。(進退は)まだ予選は1試合残っている。僕自身は次の試合にしっかりと戦う準備をさせるのみ」と話した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 訃報 スピードスケートの住吉都さんが死去 ソチ五輪代表
    2. 人気声優の死 異常なしがEBV感染症…難病指定訴え
    3. 宮部行範さん死去 48歳早過ぎる死 関係者も驚き隠せぬ
    4. 大雪 乗らなきゃよかった首都高 山手トンネルで立ち往生
    5. AV問題 動画削除も「気持ち晴れぬ」 55本出演の女性

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]