メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐々木監督「指揮官として僕の責任が一番重い」

リオ五輪予選敗退

 サッカー女子のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選は7日、大阪で第4戦があり、4大会連続5回目の五輪出場を目指していた日本の予選敗退が決まった。佐々木則夫監督(57)は「(リオ五輪を逃し)指揮官として僕の責任が一番重い。選手たちは残り2戦を精いっぱいやるということで、最後の最後までゴールを目指してくれた。(進退は)まだ予選は1試合残っている。僕自身は次の試合にしっかりと戦う準備をさせるのみ」と話した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 青森・中2自殺 いじめ訴える遺書の内容
    2. ひったくり 大阪の路上 2800万円相当の金塊奪われる
    3. 仮面ライダー 新作「エグゼイド」主人公は初の医師 “ジュノンボーイ”飯島寛騎を起用
    4. 小池都知事 豊洲市場移転延期で調整 一両日中にも会見
    5. 台風10号 福島沖通過 東北で250ミリの大雨の恐れも

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]