メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なでしこ

佐々木監督「指揮官として僕の責任が一番重い」

リオ五輪予選敗退

 サッカー女子のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選は7日、大阪で第4戦があり、4大会連続5回目の五輪出場を目指していた日本の予選敗退が決まった。佐々木則夫監督(57)は「(リオ五輪を逃し)指揮官として僕の責任が一番重い。選手たちは残り2戦を精いっぱいやるということで、最後の最後までゴールを目指してくれた。(進退は)まだ予選は1試合残っている。僕自身は次の試合にしっかりと戦う準備をさせるのみ」と話した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ももクロコンサート 2日間で3万人が熱狂 滋賀・東近江
    2. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
    3. 万引き犯 メルカリ内で捜索 書店、執念の「御用」
    4. 大阪府警 勤務中不倫相手宅へ「出動」 警部尾行し特定 懲戒処分
    5. 東芝メモリ 売却中止検討 独禁法審査、中国承認遅れ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]