メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐々木監督「指揮官として僕の責任が一番重い」

リオ五輪予選敗退

 サッカー女子のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選は7日、大阪で第4戦があり、4大会連続5回目の五輪出場を目指していた日本の予選敗退が決まった。佐々木則夫監督(57)は「(リオ五輪を逃し)指揮官として僕の責任が一番重い。選手たちは残り2戦を精いっぱいやるということで、最後の最後までゴールを目指してくれた。(進退は)まだ予選は1試合残っている。僕自身は次の試合にしっかりと戦う準備をさせるのみ」と話した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 疫学調査 魚たくさん食べる人、うつ病リスク半減
    2. ORICON NEWS 『けもフレ』運営側、監督の降板騒動受け経緯説明 作品利用めぐり意見の相違か
    3. 防府市長 慰安婦言及教科書「採択中止願うはがき」
    4. 麻生太郎氏 ヒトラー発言撤回 釈明と反論も展開
    5. 衆院選 山尾志桜里氏の対応苦慮 愛知7区で各政党

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]