メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

就学援助制度

広く周知 川口市立小谷場中の事務職員、事務室だより独自発行 /埼玉

 子どもの6人に1人が貧困状態にあるとされる中、給食費などの援助を受けられる「就学援助制度」を保護者らに丁寧に紹介しようと、川口市立小谷場(こやば)中学校(赤川富男校長)の事務職員・柳澤靖明さん(34)が、独自に保護者向けの事務室だよりを発行している。

 同制度は学校教育法に基づき、低所得家庭の小中学生を対象に、給食やノート、鉛筆などの学用品、修学旅行などの費用を援助する仕組み。自治体ごとに運用されているが、十分に周知されていない現状がある。

 柳澤さんは別の中学に勤務していた10年前、給食費を納めていなかった家庭の母親に就学援助制度について…

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文923文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. のんさん 殺害予告容疑 北海道の47歳男逮捕
  2. 新潟 米山知事、援助交際「3、4年前から断続的に」
  3. 衝突事故 藤岡弘さんがタクシーと 運転手が首捻挫の軽傷
  4. 霧島連山 硫黄山噴火…250年ぶり 警戒レベル3に
  5. 妻殺害容疑 29歳男逮捕 和歌山の海岸で水難事故装い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]