メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

就学援助制度

広く周知 川口市立小谷場中の事務職員、事務室だより独自発行 /埼玉

 子どもの6人に1人が貧困状態にあるとされる中、給食費などの援助を受けられる「就学援助制度」を保護者らに丁寧に紹介しようと、川口市立小谷場(こやば)中学校(赤川富男校長)の事務職員・柳澤靖明さん(34)が、独自に保護者向けの事務室だよりを発行している。

 同制度は学校教育法に基づき、低所得家庭の小中学生を対象に、給食やノート、鉛筆などの学用品、修学旅行などの費用を援助する仕組み。自治体ごとに運用されているが、十分に周知されていない現状がある。

 柳澤さんは別の中学に勤務していた10年前、給食費を納めていなかった家庭の母親に就学援助制度について…

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文923文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 マスコミの政治報道 迫り来る?うっすらとした恐怖
  3. 世界一大きい金魚すくい 何匹すくえる? 藤沢であす /神奈川
  4. 日本酒 SAKE人気、急上昇 輸出、8年連続最高
  5. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]