メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災5年

静岡の備え ハザードマップ更新を 小山・静岡大教授に聞く /静岡

避難計画修正も必要

 富士山噴火の可能性と予知、避難計画などの備えについて、火山に詳しい小山真人・静岡大教授(火山学)に聞いた。【聞き手・高橋秀郎】

 富士山の観測データに特に異常は現れていませんが、深さ10〜20キロでの低周波地震(マグマが関連すると見られる火山性地震)は定常的に続いています。次の噴火の規模を前もって知るすべはありません。ただし、統計的に見れば富士山の噴火の8割方は小規模なもので、宝永噴火や貞観(じょうがん)噴火(864年)のような大規模噴火はまれです。いたずらに恐れないことです。噴火が起きた場合の影響範囲の目安は、2004年に公表されたハザードマップに描かれています。

 噴火の前兆については、近世以降は宝永噴火の1度しかないので、事例もその時のものだけです。従って次の…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文783文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 大相撲秋場所 栃ノ心、横綱つり上げ破る 理事長も驚く
  3. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです