メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夢をつかむ

筋電義手の子どもたち/27 「次はケーキ屋さん」 できること多くなり自信 /兵庫

左手に着けた筋電義手の訓練中、おちゃめなポーズを取る竹田歩叶ちゃん=神戸市西区の兵庫県立リハビリテーション中央病院で、桜井由紀治撮影

 生まれつき左手の先がなく、兵庫県立リハビリテーション中央病院(神戸市西区)が創設した「小児筋電義手バンク」から筋電義手の貸与を受けた竹田歩叶(ほのか)ちゃん(6)=奈良県生駒市。その筋電義手は、もうボロボロだ。訓練を始めてから1年。人の手に似せたグローブの指先は穴が開き、テープを巻いてしのいでいる。

 筋電義手は全国の善意を受けて貸与されている。歩叶ちゃんは「壊してはいけない」と大切に取り扱ってきた…

この記事は有料記事です。

残り1085文字(全文1286文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです